2017年振り返り

今年も残すところあと数時間

 

簡単にですが今年を振り返ると自分にとって忘れられない年になりました

 

 

まずは、選手から監督なった事

 

監督という立場は以前から興味もあったし、フットサルやサッカーに関わる番組や記事では【監督】という立場の考え方や物事の捉え方を選手の立場よりは気にして見てきました

 

 

だからこそ、今年監督をやっていてその手助けの一つになったとは思います

 

 

ただ、シーズン当初も選手がだいぶ抜け、おまけに自分も昨年骨折した足が完治してなかったので、監督という立場を引き受けましたが、その時の自分の思いは

 

 

「とりあえず監督の重要性をわかってほしい」

 

「でもどうせ今年は(選手も抜けたので)そこまで成績も残せなくクビになるだろうw」

 

 

という2つの自分なりのチームに対する願いから引き受けましたが、蓋を開けて終わってみれば

 

四国リーグ優勝

 

非常に嬉しく思いますし、このタイトルが一番難しく感じていたので、まさか獲得できるとは思ってもみませんでした

 

 

もちろん自分なりに一生懸命監督という立場に取り組んできたし、誰よりもチームのことを考え、誰よりも試合に対する準備をしてきたと思います

 

 

試合前はjね 笑

 

ただ、それもおわってみればもっとやれたなとか、もっとやっとくべきだったかな

 

 

と思うことばかりです

 

 

故にこの四国リーグのタイトルも自分の力で・・・ていうのはほとんどありません

 

 

ほんとなんで勝てたんだろう w

 

ただ、自分のやりたい練習をやったわけでもなく、常に自分のチームにとって最善の策をチームに落とし込むだけで8割ぐらいの出来

 

 

なのでエル・ブランコも含め、内容で負けてた試合もやっぱり未だになんで勝てたからわからないしこれからもわからないんではなかろうかと思います

 

 

だからこそ僕自身も【監督】という立場の魅力と大変さをよくわかった1年間でした

 

 

予定では、結果を残せずクビになってこの年末のブログで最後になるかなと監督を引き受けたときは思ってましたがw

 

来年はまだ地域CLがありますし、シーズン終わっての新体制が決まってませんが

 

 

監督は続けそうになりそうですねw

 

 

まだ家族との相談もありますが、今のチーム内外の状況を考えて、監督をやりたがる人間もいないし(あ、いるなら全然歓迎)、今年の結果から後釜は普通にやりづらいと思います

 

 

とある人にも

 

「勝ち逃げは許しません」

 

と言われたし

 

 

まぁ来年の話もしたいところですが、チームのシーズンはまだ終わってなのでまた終わってからにしましょうかw

 

 

とはいえ監督初シーズンでこれだけの結果を残せたのは、本当についてきてくれたメンバーと家族と支えてくれたおかげです

 

 

自分の実力は結果の1割程度も役に立ったと思っておりません

 

なのでもちろん調子に乗ることもないし、これからも貪欲にいろんなことを学んでいきたいと思います

 

 

ただ、本音をいえば少し休みたいですけどね

 

 

ということで監督としての公式戦今シーズンの成績

 

四国リーグ

14戦 12勝1敗1分

全日本フットサル選手権

5戦 4勝1敗

フクヤカップ

5戦 4勝1敗

公式戦合計

24戦 20勝3敗1分

 

来年この成績を超えるのは・・・難しいな 笑

 

来年も藤岡心太郎をどうぞ宜しくお願いします