ameblo.jp

 

でした

 

 

本当に2度としたくないこの大会規定でしたが、結果的にうちはこの厳しい勝利したことでいい経験と自信を持つことができたと思います。

 

でも勝ったから言えることです

 

 

 

 

本当に選手たちはよくやってくれたと思います

 

試合中からボクももの凄くイライラしてました

 

いつも冷静(だと思う)に試合をみているボクもこの日は今シーズン初めてというぐらいまぁまぁ感情表現してしまったと思います

 

チームに対して1割

 

相手チームに対して1割

 

大会規定に対して8割w

 

本当に試合中何度もタイムアウトが欲しかった

 

そこは交代して帰ってきた選手に伝えたりして工夫はしましたが、やっぱりそれではなかなか修正やら流れは簡単には変えれません

 

 

前半は1-0で相手リードでターンしましたが

 

 

0点で折り返せたことがものすごくネガティブに見えてポジティブ

 

うちが0点に抑えられるなんてまずないし

 

相手は徹底的にゴレイロからのゴール前に放り込むロングボール戦法

 

大柄な選手もいるし、メンツによったらボールが収まる戦術

 

 

聞けばうちのハイプレ対策だった模様です

 

そこはうちが上手ではなく相手が何か勘違いされてたというか・・・

 

 ロングボールはそれこそ最初の2、3本が怖かったのですが、#16キセキがうまく対処してくれたのでその後はむしろそれを逆手にうちのカウンターに繋げようと

 

上手くいきませんでしたがw

 

 

結果的に先発はキセキでよかったと思います

 

 

にーけんも言ってましたw

 

 

うちはゴレイロが異なるタイプでどちらも出しても自信を持って送り出せる状態になっています

 

 

それほど2人で切磋琢磨してよくやってくれてます

 

 

まぁ本音を言えば性格も含めて2人で足して2で割ったぐらいが丁度いいんですけどw

 

 

 

 

2年連続の決勝の相手だったので当然今年も勝ち上がってくると思ってました

 

もちろん今治しまなみも県リーグの結果と個人の能力とは比例はしておらず、勝ったことに対して驚きはありませんが、それでもカレビッチには勝ってほしかった

 

まぁ我々もまだ準決勝からうまくいけば2試合残っている訳でして・・・

 

 

【四国リーグのチームとして絶対に負けられない】

 

 

というテーマを下に今年も優勝を目指したいと思います

 

 

目標からすればあくまで県大会優勝は通過点に過ぎませんが、そこを疎かにしては絶対にいけないし、負ける条件は自分達の取り組み次第で増えていくものです

 

 

準決勝の相手は松山大学

 

大学生の怖さは今年本当に色々と感じてます

 

1日だけで全然変わるし

 

気持ち次第で別チームになります

 

松山大学は3年生がこの大会で最後

 

うちが勝てば最後の試合になります

 

失うものがないチームほど怖いものはありません

 

キックオフまでいい準備をして臨みたいと思います

 

 

ではまたー